カードローン借り換え方法まとめ

カードローン借り換えの審査について

スコアリングシステムが採用

カードローンの借り換えを取り扱っている金融機関は多く、その多くはカードローンやキャッシングなどの金融商品で「借り換えにも対応している」というスタンスとなっています。カードローンやキャッシングなどの借り入れ商品では、申込んだその日のうちに融資実行してもらえる商品が多く、金融機関にとっては審査完了までにゆっくり時間をかけることができないため、スコアリングシステムが採用されています。スコアリングシステムというのは、申込用紙に記入した内容を全てスコアとして評価し、最終的なスコアの合計によって審査結果が分かるというものです。コンピュータが迅速に計算するので、時間をかけずに素早い審査ができると同時に、より客観的な審査ができるのが特徴です。

審査基準は金融機関によって異なる

借り換えローンの申し込みをした場合、どのような基準で審査が行われるかは、その金融機関ごとに異なります。一般的に審査が厳しいと言われているのは銀行で、その中でも信用金庫や労働金庫、農協などは低金利で借りられるというメリットがある反面、審査基準がとても厳しく、審査にかかる時間も1週間〜2週間程度と長くなるというデメリットがあります。今すぐに借り換えたいという人にとっては間に合わないかもしれませんが、時間に余裕があってできるだけ良い条件で借り換えたい人なら、ぜひ検討したい選択肢と言えるでしょう。

借りやすいのは消費者金融

消費者金融の審査基準は、銀行と比べると緩めに設定されているものが多く、人材派遣やパートなど正社員以外の雇用形態で働いている人や、専業主婦や学生など収入がない人でも少額なら借り換え安い金融商品がたくさんラインナップされています。銀行の借り換え商品に申し込んだけれど審査落ちしたという人でも、消費者金融なら借り換えられたということは多いので、銀行で借り換えができなかった人でもあきらめる必要はありません。