" " カードローン借り換え方法まとめ "
" カードローン借り換え方法まとめ "
"

カードローン借り換えに向いているのはこんな人

借り入れ件数が3件以下の人

複数のカードローンを一つにまとめて借り換えたい場合には、新規に借り入れ商品を申し込む場合と同じ扱いにとなり、他社からの借り入れ状況が審査対象となります。その際に、複数他社から借入れをしていると、新規にお金を借りるわけではなく現在の借り入れを一つにまとめて借り換える場合でも、多重債務のリスクが高いとみなされて審査落ちする確率が高くなってしまいます。現在の借り入れ件数が2社で、借入ローンの申し込みで3社目になる場合には、この審査落ちの対象外となるので安心です。一方、すでに3社以上から借入れがある場合には、返済遅延などがなくても審査落ちのリスクが高くなってしまいます。

高金利で借りている人

カードローンは一般的に金利が高めで、消費者金融の場合には実質金利が18%程度になっているものが多いものです。借り換えによって金利が現在よりも高くなってしまうのではメリットがありませんから、借り換えの際には現在よりも金利が低くなることはきちんと確認しておきたいものです。現在、かなりお得な低金利のカードローンを持っている人は、借り換えによって金利が高くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

毎月の返済がキツイ人

現在複数社からの借り入がある状態で、毎月の返済額が生活を圧迫して苦しいという人は、借り換えをすることによって大きなメリットが期待できます。借り換えることによって借入先を一つにまとめることができますし、毎月の返済額も低く抑えることができるので、毎月の返済額を低くすることを目的としているなら借り換えは賢い選択と言えますね。ただし、借り換えることによって毎月の返済額は低くなりますが、その分完済までにかかる期間は長くなってしまうので、できるだけ早く完済したい人なら余裕がある時には積極的に前倒し返済していくことをおすすめします。早く完済することによって支払う利息を低く抑えることができるので、長期的には節約につながります。

"
"