カードローン借り換え方法まとめ

カードローンのメリットとデメリット

毎月の返済が楽になる

カードローンを借り換えるメリットは、現在の借り入れよりも低金利の借り入れに乗り換えることによって毎月の返済額を低くできたり、複数の借り入れを一つにまとめて低金利で借り直すことで借入の管理がしやすくなる、ということがあげられます。複数から借入れをしていると、毎月の返済日を一つ一つ管理するのが大変ですし、うっかり返済を忘れてしまうと返済遅延となってしまうリスクもあります。しかし借入を一つにまとめて低金利で借り変えることによって、毎月の返済日が1回だけになって管理しやすくなりますし、低金利なら完済までに支払う利息分も低く抑えることができるので、金銭的に大きなメリットが期待できます。

デメリットは返済期間が長くなること

複数のカードローンを一つにまとめて借り換える場合には、毎月の返済額が少なくなって生活への圧迫が少なくなるというメリットがある反面、完済までにかかる期間が長くなってしまうというデメリットがあります。借り換えは、借入額を減額できるものではなく、一つにまとめることによって低金利で借りられるというもの。現在、最低返済額だけでも生活を圧迫している人にとっては、借り換えることによって大きなメリットがありますが、少しでも早く完済したいという人にとっては、完済までの期間が長くなってしまうことはデメリットと言えます。しかし、低金利で借りることによって完済までに支払う利息分を大幅に減額できますから、毎月の返済額が少なくなっても、早めの前倒し返済をすることによって完済までの期間を短縮できます。

計画的に借り換えることが大切

カードローンの借り換えが向いているかどうかは、ケースバイケースで異なります。借り換えることによってメリットもあればデメリットもありますし、返済能力は人それぞれ異なるので、借り換えを検討する際には自分の返済能力に対して借り換え後の返済額がどうなるのかも客観的に計算した上で決めることが大切です。