カードローン借り換え方法まとめ

カードローンの借り換えで知っておきたいこと

借り換えとは

カードローンは、申込んでから即日で融資を受けることができるなど、急いでいる時に便利な商品がたくさんあります。そのため、今日中にお金が必要だからとにかく貸してくれる所で申し込んだという人はとても多いものです。しかし、カードローンは使用目的に制限がないため、金利面で割高だったり、利用上限額が低く設定されているものが多く、実際に利用してみると「意外と使いづらいな」「金利が高いな」と感じることは少なくありません。そんな時にオススメなのが、カードローンの借り換えです。

借り換えのメリット

カードローンの借り換えを行う際には、現在の借り入れよりも金利が低いものを選ぶことが大切です。金利が低いものを選ぶことによって、完済までに支払う利息分を大きく減らすことができますし、毎月の返済額を下げて生活への圧迫を軽減する効果も期待できます。また、複数のカードローンを持っている人は、借り換えする際に複数の借り入れを一つにまとめることもできます。複数から借入れがあると、毎月の返済日も複数あって管理するのが大変ですし、うっかり返済を忘れてしまうと返済遅延として顧客信用データベースへ事故記録として記載されてしまいます。複数の借り入れを一つにまとめれば、返済日も毎月1回だけなので覚えやすいですし、うっかり払い忘れるリスクを減らすこともできますね。

借り換えにはデメリットも

カードローンの借り換えにはたくさんのメリットがありますが、同時にデメリットもある事は理解しておきましょう。例えば、複数の借り入れを一つにまとめて借り換える場合には、借入額を一つにまとめることによって返済期間が長くなるというデメリットがあります。毎月あれもこれも多額の返済額を抱える場合と比べると、月々の返済が楽になるというメリットがある反面、返済が楽になった分だけ完済までにかかる期間が伸びる事は理解しておかなければいけません。

また、カードローンは完済して残高がゼロになっても、自動的に口座が解約されるわけではありません。つまり、借り換えて使用しなくなったカードローンも口座はあいたままでいつでも使える状態になっているため、自分自身でしっかり管理しておかないと、またお金が必要になった時に利用してしまい、多重債務に陥ってしまう可能性があります。借り換える場合には、以前の口座を解約する作業とセットにすることによって、借入が管理しやすくなりますし、これ以上の借り入れを増やさない予防策にもなります。

借り換えで注意すること

現在のカードローンを一つにまとめたり、より低金利で借り直すということは、新しい借り入れ商品に申し込み、残高を他から移動するという作業となります。そのため、すでに複数社から借入れがある場合には、借り換えるための申し込みをしても審査落ちする可能性があるので注意しなければいけません。大手消費者金融には、多重債務者を増やさないという目的で3社ルールという独自のルールがあります。これは、今回の申し込みが3社目なら審査落ちの原因にはならないけれど、すでに3社から借入れをしていて今回の申し込みで4社目になる場合には、審査落ちの原因になるというルールです。貸金業法で規定されているルールではありませんが、他社からの借り入れがある場合には、何社から借りているかによっては審査落ちの原因となるので注意しなければいけません。

この場合、残高が少ない借り入れを完済して口座を解約したり、すでに完済しているけれど利用していない借入口座を解約することによって、借入業者数を調整するという方法があります。もしも残高が多くて完済したり口座を解約できないという場合には、大手の消費者金融ではなく中規模の消費者金融を選べば審査に通りやすくなるので、消費者金融の選択肢を広げるという方法も良いでしょう。ただし、規模の小さな消費者金融の中には、闇金もあるので注意しなければいけません。